アフターピルとマーベロン

避妊薬とは

避妊薬とは

避妊というと、日本では多くの方が避妊具を利用します。ですが、実は避妊率は80%程度と低く、破れたり失敗してしまう場合もあります。妊娠するのは女性なので、男性任せにしてしまうというのは、よく考えてみたらおかしな話です。

日本の中絶の割合は世界一とも言われています。その原因のひとつが、避妊方法です。日本ではあまり浸透していませんが、海外ではピルという避妊薬がかなりポピュラーで、服用している女性が多い薬です。避妊に失敗してしまったり、万が一性犯罪に遭ってしまったら…手遅れになってしまい、中絶という事になっては、心にも体にも一生消えないほどの傷を負ってしまいます。そんな事態にならない為に、避妊薬は大変有効です。

避妊薬は、2種類あります。ひとつはアフターピルという、文字通り事後に服用する事で妊娠を回避出来る避妊薬です。72時間以内に服用し、早く飲めば避妊率が高まります。アフターピルは24時間以内に服用すれば95%の確率で避妊が出来るという大変優れた薬です。女性であればいつ何があるかわかりません。ですが服用する時間が大切な為、常備しておく事が大切です。今は病院に行かずにアフターピルを通販で購入する事が出来ます。

カップル

もうひとつはマーベロンなどの低用量ピルです。アフターピルが事後に服用する薬であるのに対し、低用量ピルは事前に服用して妊娠を予防する避妊薬です。毎日決まった時間に服用する事で妊娠を防ぐ事が出来ます。正しく服用すれば避妊率はほぼ100%と言われており、海外では20代の女性の半数以上が服用しているという国も多いです。

また、避妊以外にも様々な効果があり、ホルモンバランスを整えてくれます。女性には大変理想的な避妊薬です。マーベロンなども産婦人科などで処方してもらいますが、通販でも購入が出来ます。ジェネリックなどもあり、安く、いつでも誰にも会わずに購入出来ます。低用量ピルを常用している方も、病院に行くがかからない為、通販はお勧めの購入方法です。避妊薬を利用し、自分の体は自分で守り、決して望まない妊娠、中絶などにならないようにしましょう。

避妊薬を通販で購入するにはこちら

アイピルなどアフターピル

アイピルなどアフターピル

アフターピルは、避妊に失敗した場合や性犯罪などに巻き込まれてしまった際に、72時間以内に服用すれば高い確率で避妊が出来る避妊薬です。緊急避妊薬とも呼ばれ、翌朝に飲んでも効果がある事からモーニングアフターピルとも言われています。服用する事で受精卵が子宮内膜の着床を防ぎ、妊娠を回避してくれます。アフターピルは様々な種類がありますが、ジェネリックのアイピルが人気です。

服用が早いほど効果が高く、12時間以内で98%、24時間以内で95%、72時間以内で84%とされています。ただし、100%避妊出来るわけではありません。服用して3日から2週間で出血があれば避妊に成功していると言われていますが、月経周期によって個人差があるので、生理の出血である場合もあります。確実に調べるには、妊娠検査薬を利用しましょう。現在は通販で購入する事も出来る為、アイピルと一緒に購入しておいた方が安心です。

女性はいつ何があるかわからないので、アイピルを常備しておくのがお勧めです。ただし、アフターピルはあくまでも緊急用の避妊薬です。急激にホルモンバランスを崩すので、常用するのはお勧め出来ません。アフターピルはもしものための時の薬だと認識しておきましょう。日常的に薬で避妊したいという方は、マーベロンなどの低用量ピルを利用しましょう。

アイピル

マーベロンなど低用量ピル

マーベロンなど低用量ピル

避妊を望む女性が避妊対策をする場合、最も手軽で避妊率の高い方法が、低用量ピルの服用です。正しく服用すればほぼ100%と言われており、確実に避妊したい女性や、何らかの理由で他の避妊方法を利用出来ない方にお勧めの避妊薬です。

ピルの主成分は女性の卵巣から分泌される卵胞ホルモンと黄体ホルモンです。その為、服用すると、脳が妊娠に必要なホルモンが既に分泌されたと判断して、卵巣からのホルモン分泌を抑えます。その為排卵がなくなり、妊娠しにくくなります。避妊以外にも月経不順、月経痛、ニキビなどを改善するなど、女性には嬉しい効果が多くあります。

日本の普及率は3%程度と言われています。なかなか普及しない理由は、副作用が強い、妊娠しにくくなる、太るなどの間違った認識が多い為です。以前のピルは副作用も強く、太るという副作用もあったのですが、最近のマーベロンなどのピルはかなり改良されている為、副作用などは殆どありません。また、矛盾しているようですが、正しくマーベロンなどを服用すれば妊娠し易い体にもなります。勿論服用を中止すれば通常通り妊娠が出来ます。

また、マーベロンは薬局やコンビニで手軽に変えず、殆どの方が産婦人科に行かなくてはいけないと思っているのも利用が敬遠されている理由のひとつです。確かに産婦人科というと敷居が高いイメージですが、現在は通販で簡単に購入する事が出来ます。マーベロン以外にも様々な種類の低用量ピルが販売されています。ご自分に合った避妊薬を探してみましょう。

マーベロン

おすすめコンテンツ

避妊薬を通販で購入

避妊薬は通販なら安く簡単に購入できます!

避妊薬のジェネリック

避妊薬を安く購入するならジェネリックを!

常備すべき理由

アフターピルはもしもの為に常備しましょう!

避妊の方法

避妊するには、様々な方法があります。

避妊薬売れ筋ランキング

第1位 アイピル

アイピル

日本の病院で処方されるアフターピルノルレボのジェネリックです。1錠1000円程度と大変格安でありながら効果は同じです。24時間以内に服用すれば95%の避妊率になります。女性ならお守り代わりに常備しましょう。

アイピル

第2位 マーベロン

マーベロン

日本の産婦人科で処方される事が多い低用量ピルです。ホルモン量が少なく、体に負担がかかりにくい為、副作用が少ないです。ピルの利用が初めての方にもお勧めです。1周期で1000円前後と格安です。

マーベロン

第3位 トリキュラー

トリキュラー

国内の産婦人科で処方される事が最も多いポピュラーな低用量ピルです。不正出血なども起こりにくいです。トリキュラーは3相性ピルなので、服用する順番をしっかり守りましょう。更年期障害の改善効果もあります。

トリキュラー

第4位 ダイアン35

ダイアン35

小柄なアジア人向けに作られた低用量ピルです。1相性ピルなので飲み間違いの心配がありません。ホルモンバランスを整える事で、バストアップなども期待できます。また女性の薄毛にも効果があると言われています。

ダイアン35

第5位 オブラルL

オブラルL

トリキュラーと同じレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールが配合されていて、効果などもほぼ同じです。副作用も少ないとされており、3相性ピルになります。自然に近いホルモン分泌なので安心して服用できます。

オブラルL