アフターピル服用方法

アフターピル服用方法

緊急避妊薬、もしくはアフターピルと呼ばれる避妊薬は、事後に服用する事で大変高い効果を期待できる薬です。72時間以内に服用すれば84%の避妊率があり、さらに24時間以内であれば95%と、早く飲むほど効果が高くなります。避妊に失敗したり、性犯罪に巻き込まれてしまった場合の女性の強い味方となってくれます。アフターピルを知らなければ望まない妊娠、中絶となってしまう危険もあります。妊娠できる状態の女性であれば必要になる可能性は誰でもある為、もしもの時の為に備えて服用方法を知っておきましょう。

と言っても難しい事はなく、一刻も早く1錠服用するだけです。早く飲む方が効果が高いので、少しでも心配であればすぐに飲みましょう。副作用は吐き気などがある事があります。避妊出来たかどうかは、服用後に出血があるかどうかでわかります。月経周期によって個人差がありますが、服用してから3日から3週間程度で生理のような出血があります。生理よりも出血量が多くなる為、量が少ない場合、3週間以内に出血がない際は必ず妊娠検査をしましょう。また、生理の出血や副作用による出血である事もあります。

カップル

高い避妊率を誇りますが、100%でありません。出血だけでは確実に判断できない場合もあります。また、万が一妊娠していて中絶となった際も、手術は早いにこしたことはありません。念のために検査をしましょう。アフターピルなどは通販でも購入出来ます。また、妊娠検査薬も通販で購入でき、尿検査をするだけですぐに結果がわかります。

病院は行くのも手間ですし、アフターピルは特に早めに飲む事が何よりも重要です。通販であらかじめ購入しておき、もしもの時でも焦らないようにしましょう。また、通販ではアイピルというジェネリック1錠1000円前後で大変安く販売されています。女性なら万が一に備え、常備しておきましょう。ただし、ホルモンバランスを急激に崩すので、体には負担がかかります。あくまでも緊急用の薬と認識し、常用は避け、日常的に避妊薬で避妊をしたいという方は、マーベロンなどの低用量ピルを利用しましょう。