アフターピルの注意点

アフターピルの注意点

高い避妊率のアフターピルですが、服用にはいくつか注意点があります。服用する前に確認しておくようにしましょう。

常用はしない

アフターピルはホルモンバランスを急激に崩します。体に負担になりますので常用はお勧めされていません。あくまでも緊急用の薬と認識しましょう。日常的に避妊薬で避妊をしたいという方は、マーベロンなどの低用量ピルを利用しましょう。

喫煙

ピルと煙草の相性はよくありません。副作用としてわずかですが血栓症のリスクを上昇させてしまいます。煙草には血栓症のリスクを高める作用があるので、アフターピルの服用でさらに上昇してしまいます。アフターピルを服用した際は、煙草は控えましょう。

副作用

副作用

アイピルなどは、副作用はあまりないとされています。吐き気、頭痛、めまいなどある場合があり、特に吐き気が一番多いと言わています。食後すぐには飲まない方が吐き気がありません。吐き気止めなどを併用しても問題ありません。もしも吐いてしまった場合、2時間以内だと薬の成分も体外に排出されてしまってる可能性があるので再度服用しましょう。副作用が長引く場合、医師に相談して下さい。

性感染症の予防にはならない

あくまでも避妊薬なので、性感染症は予防できません。予防の為には、避妊具を使うなど他の予防方法をとりましょう。

正しい用量を守る

当然ですが、吐いてしまった場合以外は服用は1回1錠です。たくさん飲んだ方が確率が上がりそう、と決められた用量以上を飲むのは大変危険なので絶対にやめるようにしましょう。

服用できない人

服用できない人

煙草との相性は前述した通りですが、さらに35歳以上で一日15本以上煙草を吸う方は服用できません。また、高血圧、糖尿病の方も服用は禁止されています。妊娠中の方は女性ホルモンが多く分泌されている為、母体への悪影響が懸念されています。それ以外に子宮体癌、偏頭痛の持病のある方、肥満の方、手術後の方も服用できません。心配な方は、きちんと医師に相談しましょう。