マーベロンの注意点

マーベロンの注意点

正しい服用を守れば、ほぼ100%避妊できる避妊薬低用量ピルマーベロンですが、服用の際の注意点を説明します。

毎日同じ時間に飲む

最も大切な事になりますが、毎日同じ時間に飲むようにする事が大切です。もしも飲み忘れてしまった場合、マーベロンは前日の分はすぐに飲み、その日はいつも通りの時間も飲むので2錠服用します。2日以上忘れてしまったら効果がないので、次の生理を待ちましょう。

喫煙

煙草もピルも、血液が固まり易くなります。喫煙しながらマーベロンを服用すると血栓症のリスクが高まってしまいます。服用するなら禁煙しましょう。

副作用

副作用

マーベロンは副作用は少ないとされていますが、頭痛、むくみ、吐き気、房痛、不正出血などがあります。特に飲み始めた時は出やすい場合がありますが、3シート目くらいには体が慣れてきます。副作用がひどい場合は、服用を中止し、医師に相談しましょう。

性感染症の予防はできない

マーベロンは性感染症予防の効果はありません。予防するには避妊具等を使いましょう。

服用できない人

マーベロンを服用できない方もいます。妊娠中・授乳中の方、35歳以上で一日15本以上煙草を吸う方、高血圧、糖尿病、心臓病を持ってる方、乳がんや子宮頸がん、偏頭痛の持病のある方、手術後の方も服用出来ません。健康上で心配がある方は、事前に医師に相談して下さい。

定期的に検査

定期的に検査

長期的に服用している方は、半年に一度程度は採血などの定期検査を受けるのが推奨されています。また、できれば乳がん、子宮、卵巣の検査も行うようにしましょう。

併用出来ない薬

結核の薬、てんかんの薬、抗エイズウイルス薬、セント・ジョーンズ・ワートなどは併用できません。テトラサイクリン系抗生物質とペニシリン系抗生物質なども効果が低下してしまう事があります。服用している薬がある方は事前に医師に相談し、マーベロン服用中に他の薬の服用が必要になった際は、ピルを服用中である事を医師に告げましょう。