避妊薬のジェネリック

避妊薬のジェネリック

避妊薬アフターピルマーベロンなどの低用量ピルは、基本的には産婦人科で処方してもらう事になります。ただし、保険が適用されない場合もあり、かなり高額になってしまいます。そこで安く購入したいという方にお勧めなのがジェネリックです。アフターピルは病院で処方してもらう場合、1錠10000円以上しますが、ジェネリックのアイピルなら1000円前後と10分の1の価格です。

ジェネリックとは?

そもそもジェネリックはどのような薬かご存知でしょうか?日本でも普及してきましたが、これからますます少子高齢化になり、医療費削減のために、国はさらに普及させていくという目標を立てています。医薬品は、新薬と後発薬のジェネリックの2種類があります。薬の開発には、数億円の費用と長い年月が必要になります。同じ成分の薬をすぐに他の製薬会社に作られては良い薬を開発する会社がなくなってしまうので、新薬は20年程度特許で守られ、他の会社は販売できません。特許が切れた後、他の会社から販売されるのがジェネリックです。

安全性

安全性

ジェネリックというと安全性や効果が気になる方が多いかもしれませんが、有効成分の種類と量、効果効能、用法用量は同じでなければいけません。薬の形、色、味などは変更してもいい事になっている為、ジェネリックの方が飲み易くなっている場合も多いです。ですので、ジェネリックは価格が安いだけで、新薬とほぼ同じ薬と言えます。

インドのジェネリック

多くの国はこのような制度になっていますが、インドなどは薬事法が異なり、販売された直後の新薬のジェネリックも販売されています。インドはジェネリック大国と呼ばれ、薬の品質は世界最高水準と言われています。日本では販売されていないジェネリックも多く販売されています。

個人輸入

購入するには個人輸入するしかありませんが、言語の問題や手続きの複雑さからかなり難しい手段です。それを代行してくれるのが、個人輸入代行業者です。通販で簡単に購入する事ができます。いつでも安く、誰にも知られずに簡単に利用できるので大変人気になっています。日本語で普通の通販サイトと同じように購入できるので是非利用してみましょう。