マーベロンの服用方法

マーベロンの服用方法

低用量ピルは正しく服用すればほぼ100%の避妊効果がある避妊薬です。海外ではポピュラーで、殆どの女性が服用している国もあります。低用量ピルには様々な種類があり、服用方法は大体同じですが、ここではマーベロンを例にとって説明します。

マーベロンは1相性ピルです。すべて同じ量のホルモンが配合されている為、順番を気にせずにどれから飲んでも問題はありません。服用の開始は生理が始まった1日目からです。そうすると1日目から避妊効果があります。生理の2日から7日目から飲み始めた際は、そのまま服用を続ければ開始から2週間後に効果が現れます。生理から8日以上経っている場合は、次の生理から飲み始めます。

基本的に同じ時間に毎日服用します。朝食後、昼食後、就寝前等、自分で忘れないタイミングや時間に飲みましょう。そして21日間飲み続けます。その後、7日間薬を飲むのを休み、29日目に次のシートの1錠から飲み始める、という事を繰り返していきます。

カレンダー

ただ、この休んでいる7日間に、せっかくできた薬を飲む習慣を忘れてしまう事もあります。また、日数の数え間違いも起こる可能性があります。本来、マーベロンは21錠で1シートとなっている「マーベロン21」ですが、28錠入っている「マーベロン28」というものがあります。これはどういう事かというと、7錠は成分の配合されていない偽薬(プラセボ)がセットになっているものです。薬を休んでいる期間はこの偽薬を飲む事で、日数の数え間違いや、薬を飲む習慣を崩さずに済みます。薬の色も偽薬は違う為、間違う心配はほぼありません。心配な方はこちらの28錠タイプがお勧めです。

なお、飲み忘れてしまった場合は、前日の飲み忘れはすぐに飲むようにして下さい。その日は2錠飲む事になります。その後は通常通り飲めば大丈夫です。2日以上飲み忘れてしまった場合、服用を中止します。勿論その間は避妊効果はなくなってしまう為、他の方法を行って下さい。次の生理が来たら、また服用を再開します。