アフターピルは常備すべき

アフターピルは常備すべき

アフターピルは、望まない妊娠や中絶を避けるため、女性の強い味方の避妊薬です。自分には必要ないと思われる方が多いかもしれませんが、妊娠する可能性がある女性すべてに必要となる可能性はあります。性犯罪に巻き込まれてしまうという場合もあります。そんな時の為に、女性なら常備しておきたい薬ですが、大切なのは「一刻も早く飲むこと」です。

最もお勧めなのは通販であらかじめアフターピルを購入しておく事です。アフターピルは少しでも早く服用した方が避妊率が高くなります。手元になく、病院に行く場合は、当然病院に行くまでの時間、病院の待ち時間などがあります。勿論病院が休みの場合や診察時間外という事もあります。その間に、避妊率はどんどん下がっていってしまうのです。

そうならないように、女性なら万が一の場合に備えて常備しておく事がお勧めです。あらかじめ持っていれば、病院に行くよりもはるかに早く服用する事ができ、その分避妊率が高くなります。ただし、病院では医師が必要な状況だと判断しなければアフターピルは処方されません。ですので病院で常備用に購入するという事が出来ません。

頭を押さえる女性

また、病院ではノルレボ錠というアフターピルが処方される事が多いのですが、保険が適用されない為、1錠10000円以上する高額な薬です。さらに診察料などもかかります。ですが通販では、ノルレボ錠のジェネリックのアイピルというものが販売されています。1錠1000円前後と格安です。

使うかどうかわからない薬に10000円もかけるのは気がひけるかもしれませんが、1000円程度であれば、無駄になってしまったとしてもそれで安心を買ったと思えば安いものではないでしょうか。勿論必要になる機会がないにこした事はありませんが、女性にとっては防災用品のようなもので、備えあれば憂いなしです。通販ならいつでも誰にも知られずに簡単に購入出来ます。もしもの為に、通販であらかじめ安く購入しておきましょう。