避妊手術

避妊手術

病院で避妊をする場合、殆どの場合は避妊薬を処方されます。ただし、今後妊娠を一切望まないという方には、避妊手術という方法もあります。結婚していても経済的理由など様々な事情で子供を望まないご夫婦は多いかと思います。また、これ以上の出産は母体に危険が及ぶと判断されている方もいらっしゃいます。一度避妊手術をすれば、永久的にほぼ100%避妊ができ、避妊薬などを利用する必要がないので面倒がないとも言えます。

男性にも女性にも避妊手術は可能ですが、特に女性の場合は、一度手術をしてしまうと元に戻すのは困難です。仮にできたとしても妊娠できる確率はかなり低下してしまいます。女性の場合は卵管結紮術という手術になり、卵管を切断し、縛ります。精子や卵子が通る事ができなくなるので妊娠しなくなります。男性の場合は精管切除術という手術で、精子の通り道である精管を切除します。パイプカットと言われる事もあります。

女性は妊娠への不安が減る事なども関係するのか、不感症が改善されるケースもあります。また、出産後の入院中に手術をする場合、一度に済ませてしまう事が可能です。

女性

手術は男性も女性も日帰りで可能で、簡単なものになりますが、女性はまれに感染症や合併症を起こしてしまう場合があります。また、女性の場合は避妊手術をする事で更年期と同じ状態になるので、更年期に似た症状がでるというケースがあります。また、避妊手術をした事によってメンタル的に辛くなってしまう方もいます。手術であるので、当然体にもそれなりに負担になってしまいます。

そして、気になる費用ですが、保険が適用されないので、男性は10万円、女性は20万円から30万円と高額になってしまいます。避妊手術は絶対に子供は今後いらないという方にとっては有効な方法ですが、体への負担、金額、これからの人生で状況が変わる可能性がないか、などをよく考えて判断しましょう。はっきりと決められないという方は、マーベロンなどの低用量ピルの服用が体への負担も少なく、金額も安く済むのでお勧めです。通販で簡単に購入できるので、利用してみましょう。